エントレインドエアとエントラップトエア-コンクリートにおける空気の役割

スポンサーリンク

コンクリートはセメント、水、骨材、混和材料と空気で構成されています。

そのうち、空気はコンクリートの流動性に影響するなど、重要な役割を果たしており、空気量試験等で計測もされます。

ただ、コンクリートに含まれる空気には「エントレインドエア」と「エントラップトエア」と呼ばれるものがあります。

似たような名前ですが、意味は少し異なります。

それぞれの特徴についてまとめていきます。

エントレインドエア

AE剤やAE減水剤などの表面活性作用によってコンクリート中に生成される微細で独立し、均一に分散した空気泡のことを言います。

連行空気とも呼ばれ、ほぼ球形をしており、気泡径は25~250μm程度で混和剤の種類によって異なります。

エントレインドエアは耐凍害性やワーカビリティーの向上に顕著な効果があります。

これらの効果は、気泡が小さく、気泡の間隔が小さいほど大きくなります。

また、水分を保持する効果もあり、材料分離を起こりにくくしたり、ブリーディングを減少させる働きもあります。

ちなみに、エントレインドエアは英語で「entrained air」 。「entrain」は一般的には「乗車する」とか「同調する」と言う意味。
恐らく、連行される空気なので、このニュアンスを表すようにこような呼ばれ方になったのでしょう。

エントラップトエア

混和剤を用いなくても、コンクリートの練混ぜ中に自然に取り込まれる気泡で、通常のコンクリートには0.5~3%程度存在すると言われています。

気泡径が比較的大きくまた不定形であるため、耐凍害性やワーカビリティーの改善に寄与する効果は期待できません。これがエントレインドエアとの大きな違いですね。

なお、コンクリートに含まれる空気量(5%程度)のうち、1~2%がエントラップトエアであると言われています。

英語では「entrapped air」。「entrap」は罠にかける、などと言う意味。
意図せず巻き込まれたという意味で、このように呼ばれているのでしょうね。

コンクリート中の空気の役割

コンクリートに関わる二つの空気についての違いについて書いてきましたが、コンクリート中でこれらはどのような役割を持っているのでしょうか?

繰り返しますが、コンクリート中の空気で役に立っているのは「エントレインドエア」の方だけ。エントラップトエアは耐凍害性やワーカビリティーの向上には寄与していません。

耐凍害性やワーカビリティーは、エントレインドエアの気泡間の距離の平均値を示す「気泡間隔係数」が小さいほど向上します。

一般的に、気泡間隔係数が200~250μm以下とすることが奨励されています。

スポンサーリンク
↓応援お願いします!↓をクリック!

フォローする