混和材と混和剤の違い

スポンサーリンク

コンクリートに入れる材料の中に「混和材」と呼ばれているものと、「混和剤」と呼ばれているものがあります。

二つとも読み方は「こんわざい」ですが、漢字が「材」と「剤」で違いますね。

漢字が違うだけで同じものを指しているのでは?と思われがちですが、実はこの二つ、全く異なるものを指しています

どう異なるのか?具体的にどのようなものを指すのか?よく混同される二つの言葉について説明していきます。

どのように異なるのか?

混和材と混和剤はどのように違うのでしょうか?

まず、この混和材と混和剤は、総称して混和材料と呼ばれています。

混和材料とは、セメント、水、骨材(粗骨材と細骨材)と共にコンクリート構成する材料で、コンクリートの性質を改善するために用いられます。

またややこしい言葉が出てきたようですが、混和材料のうち、コンクリートの全量に対して使用量が比較的多い紛体系の材料を混和材、使用量が少ない薬剤的な材料を混和剤と呼ぶんです。

すなわち、使用量によって呼び分けられているんですね。

境目がはっきりしないように思われる方もいると思いますが、混和材はコンクリートの配合計算に容量として組み込まれるくらいの量、混和剤は配合計算で考慮しなくてもいいくらいの少量です。

配合計算に容量として考慮されるか否か
で使い分けられるんですね。

どんなものがある?

それでは、混和材と混和剤、それぞれどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

混和材( mineral admixture )

混和材として使用される代表的なものとして、高炉スラグ微粉末、フライアッシュ、シリカヒューム、膨脹材などが挙げられます。

それぞれの混和材の入ったセメントの特徴について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

各種セメントの特徴や注意点等について基礎的な部分から少しマニアックな内容まで。適材適所でコンクリートを使い分けるためにセメントの種類や特徴を理解しておきましょう。

セメントの種類に影響するようなものは「混和材」と呼ばれているとも言えるでしょう。

混和剤(chemical admixture)

続いて混和剤。AE剤、減水剤、AE減水剤、高性能AE減水剤などがあります。

AE剤は空気連行性を高める働きをし、減水剤はコンクリートの流動性を高める働きがありますね。

このような「混和剤」は、正に薬剤として使用されているようです。

まとめ

混和材と混和剤、さらには混和材料の違いをご理解いただけましたか?

下の図にまとめてみました。

文献の中にも区別をつけずに書かれているものや、変換ミスなどで混在してしまっているものがあるので、間違えないように覚えておきましょう。

スポンサーリンク

フォローする