【コンクリート技士・主任技士】コンクリートの調・配合に関する問題その2

スポンサーリンク

問題

同一スランプのコンクリートを得るための配合設計に関する次の(1)~(4)の記述のうち、適当なものには〇、不適当なものには×を付けよ。

(1)細骨材率は、所定のワーカビリティーが得られる範囲内で、単位水量が最小になるよう、計算によって求める。
(2)単位水量は所定のスランプが得られる範囲内で、できるだけ小さくする。
(3)空気量を小さくすると、単位水量は大きくなる。
(4)空気量を小さくすると、細骨材率は大きくなる。

解説

コンクリート技士・主任技士試験で頻出の問題。
コンクリートの調・配合をする際に、どの数値がどの数値に影響してくるかをしっかり頭に入れておきたいです。

(1)細骨材率は、所定のワーカビリティーが得られる範囲内で、単位水量が最小になるよう、計算によって求める。

いきなりわかりにくい選択肢ですが、この文章、
細骨材率は、所定のワーカビリティーが得られる範囲内で、単位水量が最小になるよう」
まで正解です。

その後の「計算によって求める」が×。
正解は、「試験によって求める」です。

よって、×。

(2)単位水量は所定のスランプが得られる範囲内で、できるだけ小さくする。

これはわかりやすく〇です。
単位水量は小さい方が、コンクリート強度が発現しやすく、品質の良いコンクリートができやすいです。
ただし、単位水量が少なければ、それだけワーカビリティーが得られなくなり、締固めが難しくなります。
ですので、所定のワーカビリティー(スランプ)が得られる範囲で最小にするのが望ましいです。

よって、〇。

(3)空気量を小さくすると、単位水量は大きくなる。

空気量を小さくすると、スランプは小さくなります。(”固く”なります。)
そのため、同一スランプとするためには、単位水量もしくは細骨材率を大きくする必要があります。

よって、〇。

(4)空気量を小さくすると、細骨材率は大きくなる。

(3)と同じ理由です。

正解は、〇。

解答

(1)×
(2)〇
(3)〇
(4)〇

単位水量、細骨材率、空気量、このそれぞれが変化すると、スランプはどのように変化するのか、正確に捉えておきましょう。

スランプが大 ⇐ 単位水量、細骨材率、空気量が大
スランプが小 ⇐ 単位水量、細骨材率、空気量が小

同じようなスランプに関する問題について、以下の記事で解説しているので、一緒に確認しておきましょう!

関連記事はこちら:【コンクリート技士・主任技士】コンクリートの調・配合に関する問題

スポンサーリンク
↓応援お願いします!↓をクリック!

フォローする