土木を志す人へ!-土木の意味、土木の語源など

あまり土木のことを知らない人や、これから土木を学び始めようとしている方向けに、土木の意味について書きたいと思います。また、土木の語源や土木学会の思いなど、現在土木に関わっている方に振り返ってほしいことも書いてみたので、是非最後まで読んでみてください。

実務から考える都市計画-都市計画は建築?土木?

今も昔も土木分野の数ある専攻の中で高い人気を誇っている分野に「都市計画」に関わる分野がありますね。でも、同じ建設を相手にする建築分野にも「都市計画」という専攻は当たり前のように存在します。元々境界線がはっきりしているわけではない「建築」と「土木」ですが、この「都市計画」はどちらに分類されるのでしょうか?それぞれの定義や実際のプロジェクトなどから考えていきます。

モーメントとは?-曲げモーメント、断面二次モーメント・・・何者かわかりにくいモーメントという存在について

土木工学分野の中で、よく聞く言葉の一つに「モーメント」というものがあります。力のモーメント、曲げモーメント、断面2次モーメント・・・などいろいろなところに出てくる「モーメント」ですが、力でもなければエネルギーでもない、概念的には非常に理解しづらいものでもあります。このモーメントの概念について書くとともに、「モーメント」の言葉がつく物理量について何を示しているのかを、なるべく数式を使わずにまとめました。

断面力図の描き方-基本から早く簡単な描き方、コツなど

大学などで習う構造力学では、断面力を算出できるようになった後、「断面力図」を描こうという流れになると思います。この断面力図、ただ断面力をグラフにしただけと言えばその通りなのですが、荷重を受けた部材がどのような挙動をするのかを"イメージ"するのにとても役に立ちます。今記事では、断面力図の基本的な描き方に加え、より実践的な描き方についても解説していきたいと思います。また、断面力図がどのような場面で役に立つのかにも触れています。

断面力とは?構造力学の基礎!「断面力」の求め方

構造力学を学び始めてから早い段階で出会うのが、「断面力」という存在です。この断面力、あまり構造力学になじみがなければイメージが難しいかもしれません。でもこの断面力、構造物の設計をする際にはわかっておかなければならない存在です。今回は、この断面力とはそもそも何なのか、ということから、基礎的な知識や算出方法について解説していきたいと思います。

乾燥するからじゃない!コンクリートが固まる理由-コンクリートの硬化過程について

コンクリートはセメント、砂、砂利、水と混和材・混和剤を混ぜて、一定の時間養生すると固まり、強度を発現するようになります。これは乾燥によるものではなく、水和反応と呼ばれる化学反応によるものです。本記事では、コンクリートの水和反応、硬化過程について(土木分野の中では)ミクロな視点で説明していきます。

就活ルールの廃止-土木業界への影響は?「就職」はどうあるべきか?

2018年8月、経団連の中西会長から、「就活ルールの廃止」が提案されました。今まで日本の社会を支えていた新卒一括採用⇒終身雇用という流れが大きく揺らぎかねない発表で、驚かれた人も多かったのではないでしょうか?まだ撤廃されることが決まったわけではないものの、今後行政や経団連は撤廃も視野に議論をしていくことでしょう。これは日本の社会に、土木業界にどのような影響を与えるのか?